トクマルシューゴ
L.S.T.

(compare notes records : cn-0006)
2,100円(内税)
リリース:2005年8月25日
収録時間:39分31秒

SONG LIST:
1. Mist
2. Mushina
3. Mizukagami
4. Karte
5. Kiiro
6. Vista
7. Metrion
8. Yukinohaka
9. Amayadori
10. 5 A.M.


夢の始まりに前触れはない。その渦に巻かれて初めて、あなたは気づく。切断され、湾曲し、なだらかに落ちていく音の連なり。夢が夢である限り、そこにただひとつの強度が宿る。何の前触れもなく、ニューヨークのインディ・レーベルmusic related(日本のディストリビューションはcompare notes)からドロップされたファースト・アルバム『night piece』が、アメリカのみならず、雑誌『WIRE』やUSインディの優良ウェブジンPitchfolkでも8.6点という高ポイントを獲得するなど、世界中で高い評価を得たベッドルーム・ミュージック界の気鋭、トクマルシューゴ。シンセサイザー等の電子楽器をほとんど用いず、ギター、ウクレレ、ミュージカル・ソーといった生楽器の響き、懲りに凝ったエフェクトによって仕立てられたサウンド、そして無理に感情を荒立てたりはしない歌声が混じり合った「夜のハイラマズ」とでもいうべき美しき世界。そして、それはトクマルシューゴという才を世界に知らしめるに十分過ぎるものだった。また、その甘く、呟くような歌声は、海外のメディアでデヴェンドラ・バーンハートやM.ウォードといった異才たちと並び賞されたのもうなずける話。インストゥルメンタルではなく、ポップなヴォーカル・ミュージック、それもすべて日本語で記された彼の音楽が海外で話題を集めたのは、非常に特別な出来事と言えるだろう(余談だが、M.ウォードの来日公演でフロントアクトを務めたトクマルを、M.ウォード自身も絶賛している)。しかし、2作目となる本作は、何か、少し違う。もちろん、前作で聴かせたあのインティメントな空気とたおやかな旋律、室内楽的な美しい和声感は、『L.S.T.(Local Standard Time)』と題された本作でもいたるところで耳にすることはできる。ただ、この濃厚な空気はなんだ? 表層は耳当たりのいいポップ・ミュージックの体裁を見せつつ、圧倒的に立体的な音像の向こうに、ソングライター/サウンドデザイナーとしての自信と、あくなき音響実験を続けるマッド・サイエンティストとしての表情が見え隠れしている。そう、数十年にわたるポップス・ヒストリーの濃厚なスープを一気に飲み干すような、次世代のポップ・ミュージックと言える強靱なサウンドに仕上がっているのだ。とはいえ、この作品は眉間に皺を寄せて聴くような小難しいシロモノではなく、時と場所を選ぶことなく耳にすることができる純正ポップ・ソング集。ドリーミーな世界にサイケデリックなフレイヴァーを降りかけた「Mist」に始まり、古き良き時代のニューミュージックを現代の空気で昇華した「Mushina」、ゼンマイ仕掛けのトイポップ的サウンド「Mizukagami」、パスカル・コムラードのようなインスト曲「Karte」……ラストを飾る、実験的かつ透明感溢れる「5A.M.」まで、誠心誠意心尽くしの逸品。アルバムが終わると同時に、またリプレイ・ボタンを自然に押してしまう、珠玉の名曲集がここに。


トクマルシューゴ: www.shugotokumaru.com




この商品を買った人はこんな商品も買ってます