KATH BLOOM
Come Here

(Power Shovel : psa-002)
2,500円(内税)
リリース:2005年
収録時間:50分18秒

SONG LIST:
1. Come Here
2. Tired
3. Full Again
4. Let's Go Walking
5. Open Road
6. Equal
7. Work At Home
8. Sand In My Shoes
9. What Is Really Beautiful
10. Love This Earth
11. Little Flower
12. A Homeless Dream
13. It's Gonna Pay
14. Calling Your Name

70年代から音楽活動を始め、80年代に入ってからはローレン・マザケイン・コナーズとの5枚の共作アルバムでカルトな注目を集めていた(らしい)ひとりの女性シンガー・ソングライター(と同時に、庭師、馬の調教師、ウェイトレスなどなど、とも)。先述の作品以降は、ほとんど音源のリリースがなく、いわゆる「伝説の」という冠が付くような存在の彼女だが、本作でついに陽の目を見ることに。正式なソロ作品としての奇跡的リリースがこれ。その歌声は、サンディ・デニーやリンダ・トンプソン、ケイト&アンナ・マクギャリグルなどに通じるようなトラッド・フォーク味で、シンプルでアコースティックな伴奏を受けて、じっくりゆっくりと耳を傾けていたい逸品。現在も地元コネチカット州トリントンで地道に音楽活動を続けているというキャス・ブルームだが、うむ確かに、そのような音楽活動の続け方というのがしっかりとあるのだ。ともすれば見落としてしまいがちな音楽は星の数ほどあって、しかし、そのような音楽との寄り添い方だからこそ輝きを発する歌というものもある。そうしてことを気づくためにも、本作は格好の案内役を務めてくれることは間違いない。それにしても、なんていい歌の数々だろう。傑作です。