DIRECTORSOUND
Tales From The Tightrope Vol. 1

(Power Shovel : psa-004)
2,500円(内税)
リリース:2005年12月10日
収録時間:50分09秒

SONG LIST:
1. Menu / So Where Is Kyoko Tonight? / Mullin The Mog
2. Flies Gather On A Dead Prawn
3. The Sad And The Distant / Jofe
4. Farewell Shambolic
5. Let Away Lightly
6. Theme From Hythe Hill 2
7. Themes From Bay 1 And 2
8. Letter To Adam
9. Michael's Theme
10. The Moth And The Moon / Lost For Leah
11. Theme From Close
12. Postard To Adam
13. When Her Heart Falls Be Sure To Be The One To Catch It
14. How I Sold My Story To Hollywood

なんて優美なヒス・ノイズ。このくぐもった塵のひとつひとつさえ愛でたい、往年の自宅録音の良さが存分に発揮された1枚。スコットランド、ジオグラフィックからリリースされたアルバムも記憶に残るダイレクターサウンドことニック・パーマーの初期作品集。シンプルなアコースティック楽器演奏の録り重ねながら、近在のビル・ウェルズにも通じるロマンティックなメロディ・メイキングには誰もが息を呑んでしまうだろう。どこかマーティン・デニーを連想させる1曲目にしても、ピーカンの楽園風景と言うよりは薄曇りの点景描写といった風情。ラグタイムとジャズの間でこぼれ落ちたポピュラー・ミュージックのエッセンスを振りまきながら、ノスタルジアの迷路の中をさまよっていくような感覚をどうやって彼は手中に収めたのだろうか。ナゾがナゾを呼びつつ、しかし、ただひたすらこの音楽の中に身を横たえていたいと思わせる麻薬的な効果も大。すぐにはどこにあるのか即答できないヨーロッパの小さな国で作られた映画の架空サウンドトラック、といった趣も考えれば、この作品を聴くことは即ち、この音楽を「発見」したことであるように思えてこないだろうか。これは傑作!